認定看護師について

ハイレベルな看護知識とスキルを持つ看護師として認められる認定看護師とはどのようなものでしょうか?基本的な情報を一緒に確認してみましょう!

認定看護師とは?

認定看護師とは、特定の分野において、高度で熟練した技術と知識を持っていると日本看護協会から認められた看護師のことです。認定看護師の制度は1995年からスタートし、認定者数も増え続けています。

認定分野は2つからスタートし、今では熟練した看護技術及び知識を必要とする看護分野として、21個にまで増えました。認定看護師になることは生半可な気持ちでは難しいですが、自分の専門性を極めることによって看護師としてのキャリアを磨いてみてはいかがでしょうか。

認定分野
  • 救急看護
  • 皮膚・排せつケア
  • 集中ケア
  • 看護ケア
  • がん性疼痛看護
  • がん化学療法看護
  • 感染管理
  • 訪問看護
  • 糖尿病看護
  • 不妊症看護
  • 慢性心不全看護
  • 新生児集中ケア
  • 透析看護
  • 手術看護
  • 乳がん看護
  • 摂食・嚥下障害看護
  • 小児救急看護
  • 脳卒中リハビリテーション看護
  • 認知症看護
  • がん放射線療法看護
  • 慢性呼吸器疾患看護

認定看護師になるための条件と役割

認定看護師になるには、以下の複数の条件をクリアしなければなりません。

  1. 看護師資格を保有し、実務経験5年以上・認定分野での看護経験3年以上
  2. 認定看護師教育期間で6ヶ月以上学び、教育課程を修了する
  3. 認定看護師試験(認定審査) を受け、合格する

これら全てを満たさなければならないので、ハードルが高いと感じる方も多いかもしれません。しかし、現場での経験を積む上で看護ケアの必要性を感じ、臨床現場でのエキスパートを目指して資格取得を目指す看護師が増加しています。

そして、認定看護師の役割は大きく分けて3つあります。

  1. 個人、家族及び集団に対して、高い臨床推論力と病態判断力に基づき、熟練した看護技術及び知識を用いて水準の高い看護を実践する。(実践)
  2. 看護実践を通して看護職に対し指導を行う。(指導)
  3. 看護職等に対しコンサルテーションを行う。(相談)

認定看護師を取ることによって、専門分野の知識や経験が高まります。看護師がレベルアップすることによって、現場レベルの底上げに貢献することもできます。

また、看護師や他部署の指導を任されるなど、病院内での仕事の幅を広げることができたり、キャリアアップや昇給に繋がる場合もあります。認定看護師の資格を取得した後は、5年ごとに更新が必要なため、取得後も勉強し続けることが大切です。

登録完了まで1分 無料で会員登録する