介護業界で働く

有料老人ホームで働く

有料老人ホームは、民間企業や団体が運営する施設です。利用者は原則65歳以上で、施設によってさまざまではありますが、24時間医師や看護師が常駐している場合や、何かあった時のみ医療施設と連携する場合もあります。

ここでの看護師の役割は「利用者の健康管理をすること」です。一人ひとりの体調管理、運動管理、服薬管理や、点滴や吸痰などの基本的な看護ケアを行います。利用者が健康に関する不安を抱いている場合、相談に乗ったり指導することもあります。

また、看護師は利用者の体調を見て介護士が予定しているケアを行って良いか判断をしたり、医師や薬剤師との連携を取る必要もあります。

メリット

  • 処置や記録がそんなに多くなく、利用者としっかりとコミュニケーションが取れる
  • 利用者の急変はほとんどない
  • 定時で帰宅できることが多い

デメリット

  • 判断力が問われ、責任が重い
  • 病棟勤務に戻ることが難しい場合が多い
  • 他職種との人間関係にストレスを感じる場合がある

特別養護老人ホーム(特養)で働く

特別養護老人ホームは、原則65歳以上で要介護3以上の認定を受けている、比較的重度の利用者が多い施設です。

ここでの看護師の仕事は、利用者の方の健康管理、医療行為(胃瘻管理や経管栄養の管理等)、口腔ケア、カルテの記入等です。医師が常駐していないことも多く、看護師が見立てをする機会が多いのも特徴です。食事や排せつの介助などは施設にも寄りますが、専門の介護スタッフが行う場合が多いです。

メリット

  • 基本的に夜勤はなく、残業も少ない
  • 利用者と深く関わることができる
  • ブランクのある人でも働きやすい

デメリット

  • オンコール体制を取っている施設では夜間に対応する場合もある
  • 医療行為を行う機会が減るため、スキルアップが難しい
  • 介護士との連携に苦労することが多い

介護老人保健施設(老健)で働く

介護老人保健施設は、在宅復帰を目指す施設です。要介護度も低く、利用者の病状は比較的安定しています。しかし急変することもあるため、看護師は注意深く観察し小さな変化にも気づくことが求められます。常勤の医師を1名以上配置することが義務付けられており、看護師の数も比較的多いのが特徴です。

ここでの看護師の主な業務は、バイタルチェックや、医療行為、服薬管理、利用者の健康状態や経過観察の報告等です。

メリット

  • 残業はあまり多くない
  • 介護経験も積むことができる
  • 医師が常駐している為、指示を仰ぎながら判断を下すことができる
  • ゆとりをもって働くことができる

デメリット

  • 夜勤回数が多い
  • 医療行為があまり無い為、知識や手技業務はあまり身につかない
  • 夜勤など医師がいない場合に、看護師が緊急時の判断を下さなければならない
登録完了まで1分 無料で会員登録する