転職活動の準備

転職活動では、事前準備が十分でないと、自分にマッチした病院を見つけられなかったり、転職活動が長期化したりする恐れがあります。ここでは、転職活動を成功させるための準備について説明します。

転職活動のスケジュール

看護師の場合、早くて2週間ほどで転職が可能です。転職活動のステップは大きく分けて、自己分析、情報収集、選考(書類応募、面接)ですが、キャリアコンサルタントを活用すれば、情報収集と選考をより効率的に進めることができます。自己分析をもとに、あなたに合った職場を探したり、選考の日程調整を代行したりと、コンサルタントは転職活動の短期化に役に立つでしょう。

自力で転職活動を進める場合、情報収集の段階で、勤務地や年収といった条件に見合う求人が中々見つからないことが多く、転職に半年以上かかってしまうケースもあります。

自己分析

自己分析といっても難しく考える必要はありません。「なぜ転職したいのか」、「転職で何を実現したいのか」考えるところから始めてみましょう。現職への課題や不満を書き出したり、年収や残業時間といった具体的な数字を挙げたりすると考えやすいと思います。

転職理由が整理できたら、これまでの仕事内容を振り返ってみましょう。どのような業務を行い、どのような結果を得てきたのか。どのような仕事が好きで、得意だったか。これまでのキャリアを振り返ることで、やりがいのある仕事、強みが活かせる仕事といった観点で情報収集を行うことができます。

情報収集

自己分析ができたら、具体的に働きたい職場を探していきます。病院や職場の情報には、求人情報からわかる情報とわからない情報があります。例えば、大まかな年収や福利厚生、勤務地といった情報は求人情報からわかるので、自分の条件に合った求人を複数ピックアップして比較検討するといいでしょう。しかしながら、職場の雰囲気やサービス残業の有無といった情報は求人情報からはわかりません。

気になる求人があれば、キャリアコンサルタントに相談することをおすすめします。コンサルタントは病院側からはもちろん、実際に働いている看護師や実習生からリアルな声を聞いているため、病院の雰囲気がマッチするか、サービス残業がないかといったところまで情報提供を行うことができます。

登録完了まで1分 無料で会員登録する