医療事故 再発防止への課題

2018-07-11

日本医療安全調査機構によると、医療事故調査・支援センターに報告された医療事故の件数は、2015年10月から2018年6月の間で、計1000件を超えているとのこと。各医療機関の調査スピードは確実に向上しており、以前に比べて、医療事故そのものは防止のための様々な仕組みの導入により減ってきている。

医療事故の詳細

同機構によると、6月末の時点で、医療事故報告件数は計1028件。このうち病院で発生した医療事故は965件、診療所では63件であった。診療科別で見てみると、外科176件、内科130件、消化器科89件、整形外科87件、循環器内科72件とされている。

また、院内調査結果の報告件数は計728件、遺族や医療機関からの相談件数は計5000件以上であった。

再発防止に向けて

日本医療安全調査機構は、「院内調査結果の報告を整理・分析して、それをいかに医療現場に還元できるかが重要だ」としている。今後も再発防止の為の提言を行う意向を示している。

また、医療安全担当者がどの病院にも配置されるようになり、これはそれぞれの医療機関が本気で医療事故の再発防止に取り組もうとしている証といえる。このような1つひとつの動きによって、国民が望む、医療事故のない理想的な姿に近づけると考えられる。

登録完了まで1分 無料で会員登録する