看護師のキャリアアップ

看護師のキャリアアップについて、3つのコースに分けてまとめてみました!

師長へのキャリアアップ

看護師長は所属部署の看護師をまとめ、スムーズに働けるよう体制を整える役割を担います。主な業務としては、職場調整、部署の環境調整、責任者としての患者・家族対応、シフト管理などが挙げられます。

看護師長は豊富な知識や高い技術を求められるだけでなく、現場のリーダーとして看護師を率いる統率力も必要です。日本看護協会が定める「認定看護管理者資格」は、管理者として働く上でとても役に立つ資格です。

特定の分野の認定看護師

質の高い看護技術と知識を兼ね備えた看護師として認められ、日本看護協会の認定審査に合格すると得られる資格です。医師不足や少子高齢化が問題となっている今、認定看護師は特定の看護分野におけるエキスパートとして必要不可欠な存在であると言えます。

資格を取得するのは簡単なことではありません。しかし、病院内の活動の幅を広げることができたり、昇進のチャンスが増える等メリットも多いです。認定看護師の資格を取得した後は5年ごとに更新審査を受けなければならず、継続して学ぶ姿勢が大切です。

経営者としての開業ナース

看護師として病院やクリニック等に雇用されて働くのではなく、起業し独立して開業ナースとして働いている看護師もいます。開業ナースとして働く場合、クオリティの高いサービスや営業力、経営能力が必要となります。訪問看護ステーションやデイサービスの他、様々な場所で開業ナースとして活躍している方々がいます。

まずは看護師として経験を積み、看護師の仕事やどのようなサービスが求められるか等を把握する必要があります。開業ナースとして独立する場合、自分が経営者となるので、経営に関する勉強も大切です。大変に感じる部分も多いですが、誰からも干渉されず全て自分で決定できるのは大きなやりがいとなるでしょう。日本ではまだ開業ナースとして働いている人はあまり多くはありませんが、やりたいことが明確で今の職場で実現が難しい場合は、独立して働くことも考えてみてはいかがでしょうか。

登録完了まで1分 無料で会員登録する