保健師の収入ってどれくらい?

保健師は看護系の仕事では人気の職業です。保健師はどのような働き方をしていて、看護師と比べて、年収にどのくらい違いがあるのでしょうか?

保健師とは

保健師は保健所や保健センター、企業などで、病気や怪我を予防するための保健指導や健康診断などを行う仕事です。相談内容は、生活習慣病やエイズ、育児、メンタルヘルスなど広範囲に渡ります。

ほとんどの保健師は保健所や保健センターで働きますが、企業で社員の健康相談を行うこともあります。高齢化によって、今後は訪問介護ステーションなどの介護関連施設で働く保健師が増える可能性があると言われています。

保健師になるには、看護師資格と保健師資格を取得する必要があります。また、指定の学校や養成所で学んだ人のみ、保健師国家試験を受験できます。

行政保健師と産業保健師

厚生労働省によると、保健師の平均年収は528.9万円と、看護師の478.3万円を上回る高収入な職業です。しかしながら、保健師は職場によって年収の開きが大きいため、一概に看護師よりも給料が高いわけではありません。

保健師は保健所や保健センターで働く行政保健師と、企業や大学で働く産業保健師に分類されます。あくまで参考ですが、行政保健師の平均年収は500万円ほどで、産業保健師の平均年収は500~600万円とされています。行政保健師は医療系公務員の給与体系が適用されるのに対し、産業保健師は企業の従業員であるため、勤める企業ごとに給料が大きく異なります。

平均として看護師よりも年収が高く、勤める企業によっては年収800万円といった高額な給料を得ることも可能なため、保健師は人気の職業です。

保健師の働き方

看護師は日勤と夜勤があるのに対して、保健師にはほとんど夜勤がありません。このような働き方の違いも、保健師になりたい看護師が多い理由の一つです。日勤か夜勤か、フルタイムかパートかなど、ライフスタイルに合った働き方を実現するために、将来の選択肢として、保健師について考えておいてもいいかもしれませんね。

具体的に保健師を目指す際は、看護師としてのキャリアや現在の役職によっては、年収が下がる可能性があることを認識しておきましょう。現在の職場でキャリアアップを目指す方が良いケースもよくあります。

キャリアアドバイザー 坂本

登録完了まで1分 無料で会員登録する