【例文あり】看護師の転職理由ランキング!プロが進める、転職すべき内容は?

国家資格である看護師は、需要が高いことからもほかの職業と比べて転職しやすく、比較的転職のハードルを低く考えている方が多いのではないでしょうか?またハードワークな職場も多いことから、転職を考える看護師も多いと思います。
そこでこちらの記事では、実際に転職した看護師の転職理由と、転職理由の上手な伝え方について、詳しく解説したいと思います!

1.【ランキング】看護師の転職理由

 

第1位 ライフステージの変化

第2位 待遇面への不満

第3位 人間関係

第4位 キャリアアップ・スキルアップ

第5位 働き方を変えたい

 

 

第1位:ライフステージの変化

看護師の転職において最も多い転職理由は、結婚や出産、育児などのライフステージの変化に合わせた転職です。

転職者全体の約4分の1を占めており、女性の多い職業ならではの特徴ともいえるでしょう。

ライフステージの変化に合わせて転職する方の多くは、「夜勤のない職場」「土日休みの職場」「家から近い職場」などへの転職が多い傾向にあります。自分のライフステージに合わせ、無理なく働き続けられる職場を選べるということは、国家資格である看護師の強みですね。

現在無理をしながら働いているという看護師の方は、一度働き方を見直してみるというのもオススメです。

 

第2位:待遇面への不満

看護師の転職理由、第2位は、職場の待遇面への不満となっています。

事実、多すぎる残業や休暇がとれないこと、給料が割に合っていないなど、職場への不満を抱えながら働いている看護師はとても多くいます。巷でも“ハードワーク”“人手不足”というイメージが強い看護師。実際に、このような労働環境に悩み、転職を決意する方は多いようです。

看護師という職業は、同じ資格でも病院やクリニックをはじめ、様々な職場で働くことができるというメリットがあります。職場によって忙しさや給与などの条件の幅がとても広いという特徴があるため、もし今あまりに辛い環境で働いているという看護師の方は、一度周りに目を向けてみるのもよいのではないでしょうか?

 

第3位:人間関係

どんな職業でも、人間関係の悩みはつきものですね。看護師も例外ではなく、忙しさの中にチームワークを必要とする看護師の職場では、人間関係に悩む方がとても多くいます。普段は温厚な方でも忙しいと余裕がなくなり、普段よりも言い方や態度がきつくなってしまう、といったことはよくあることでしょう。特に看護師の職場は女性だけで構成されていることも多く、よりギスギスした雰囲気になりやすいかもしれません。

職場の人間関係に悩んでいる場合、本当に転職すべきかどうかの見極めがとても重要です。「苦手な人がいる」「上司と反りが合わない」「パワハラやいじめがある」など、人間関係と一言で言っても悩みの種類はさまざまでしょう。どんな職場に行っても人間関係に悩む可能性はあるため、根本的に解決できる方法を考えるのがオススメです。

 

第4位:キャリアアップ・スキルアップ

「キャリアアップしたい!」「○○に挑戦したい!」というとても前向きな転職理由が第4位にランクインしています。嬉しいことですね。

看護師という資格をもっていると、実に様々な職場で働くことができます。王道である病院やクリニックをはじめとする現場のお仕事から、企業や市区町村、大学・専門学校などの現場を離れたお仕事まで、幅広い領域で活躍できる可能性があるのです。

キャリアの築き方のバリエーションがとても豊富な看護職。チャレンジしたいことがあって転職に踏み出すのはとても素晴らしいことです。中には「自信がない」「失敗したらどうしよう…」「どう行動したらいいのかわからない」などと思いとどまっている方もいると思いますが、看護師という資格の性質上、仕事がなくなるという心配は無用です!勇気を出して行動してみるのがオススメですよ。

 

第5位:働き方を変えたい

「日勤のみで働きたい」「パート・アルバイトに切り替えたい」など、働き方を変えたいという転職理由は第5位となっています。職場や働き方のバリエーションが豊富な看護師ならではの転職理由ですね。

特に夜勤のある職場では、不規則な生活が強いられてしまうケースが多いでしょう。年齢を重ねるとともに体が追いつかなくなると話す看護師の方は、実際に多くいらっしゃいます。ご自身の健康状態や体力面などを気遣い、仕事と私生活のバランスを保つために働き方を変えることは、長い目で見てもとても大切なことです。

仕事柄心身を削って働きがちな看護師だからこそ、ご自身の健康や生活にも目を向けて、無理なく働ける場所を探すのはとても重要なことですね。

 

2.今すぐ転職を考えるべき理由

この記事をご覧になっている方の中には、上でご紹介したような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?しかし全ての方にとって転職が最良の選択とは限りません。今の職場で踏ん張ったほうが将来的なメリットが大きい場合や、転職が問題解決に繋がらない場合もあります。

短いスパンで転職を繰り返すことは、次の転職のときに不利にはたらいてしまうこともあるため、転職するか否かの判断は慎重になるべきでしょう。

そこでここからは、積極的に転職を検討すべき看護師の特徴について、ご紹介していきます。

 

①心身の健康を保てない場合

最も重要なのは、心と体の健康を維持できない状況に置かれているケースです。

心身のバランスを崩している、あるいは崩れるのも時間の問題、と感じている方は、今すぐにでも転職を検討しましょう。心当たりのある方は、以下の解説もご覧ください。

 

■心の健康

パワハラやいじめ、過度な重圧などによって、精神的に追い詰められてしまっているケースなどが当てはまります。看護師は業務の性質上、日々患者の命を預かり、様々なリスクや緊張感などと闘いながら働いています。当然責任感も要求されているため、重圧を背負いすぎてしまう看護師も少なくありません。精神的なピンチは自分でも気付くのが難しいことが多いのが特徴。この記事を読んで、少しでも自分に当てはまると感じた方は、客観的に自分を見つめてみるのもオススメです。

 

■体の健康

「忙しすぎる」「残業が多すぎる」「休みがとれない」といったことをはじめとする、過酷な労働環境に置かれている方などが当てはまります。体が耐えられる負荷は人によって異なるため、“今の仕事内容が自分の体力に見合った労働量かどうか”という視点で考えると良いでしょう。多くの看護師にとっては当たり前の夜勤でも、人によっては健康を害するおそれもあることをお忘れなく。ご自身の体の状態と相談しながら、仕事を選択していくことは、看護師にとってとても大切なスキルです。

 

②ブラックな職場に在籍している場合

あなたの職場がかなりのブラック企業の場合が、このケースに当てはまります。

医療機関に勤めている場合、患者ファーストの現場であることもあり、労働条件などの面では多少の融通を利かせる必要があるかもしれません。しかし、中には「残業代が一切出ない」「休日出勤が多すぎる」「セクハラやパワハラがある」など、度を超したブラックな職場も存在します。

看護師は働き口がたくさんあるため、このように度を超してブラックな職場に勤めている場合は、よりまともな条件で働ける職場への転職を検討すると良いでしょう。

 

しかし、“完ぺきな職場”というのはほとんど存在しないということを忘れないようにしましょう。どんな職場でも、人によって良いと感じる面と悪いと感じる面があります。転職を検討するのであれば、まずは一度ご自身の価値観を見つめ、仕事や職場に“求めているもの”と“妥協できる点”を整理するのがオススメです。

 

3.【例文】転職理由の上手な伝え方

ここからは転職理由の伝え方について、例文をもとに解説していきます。

 

事例① 待遇面への不満による転職

【例文】

今私が勤めている急性期病院では、日々多くの事を学ぶことができ、とてもやりがいを感じております。しかし、看護師の人手不足が深刻なため、多い日は1日あたりの受け持ち患者が8~9人になることもあります。このような状況では、業務量が多すぎることから仕事がルーティン化してしまい、患者一人ひとりとじっくり向き合うことができません。私は看護師として患者一人ひとりに寄り添う看護を実践したいと考えているため、今回の転職を決意いたしました。

【解説】

転職理由を表現する際、“できるだけポジティブな表現を用いる”ことがポイントです。

今回の事例の場合、「忙しい」「残業」などのネガティブな表現を使った場合、採用担当者に「文句が多そう」「受け身」のようなイメージを抱かれかねません。

そこで例文では、「患者一人ひとりとじっくり向き合いたい」というポジティブな言い回しを使っています。これにより、転職理由を伝えるだけでなく、求職者の「熱心さ」や「真面目さ」をアピールすることにも繋がっています。

 

事例② スキルアップのための転職

【例文】

新卒から今までの約7年間、大学病院に勤務しております。内科、外科、小児科など様々な診療科を経験する中で、子どもの命と向き合う小児看護に強いやりがいと興味を感じるようになりました。

今後の看護師人生では、小児看護に特化した臨床経験を積みたいと考えておりますが、今の職場では受け入れている症例がかなり限られています。そのため小児看護をより深く、まんべんなく学べる病院に転職したいと考えるようになりました。

【解説】

この例文のポイントは、“前の職場では叶わないことを実現するための転職”であることを伝えているところにあります。転職理由を問われている場合、転職する必要があることを、より明確に伝えることが大切です。例文では「今の職場では症例数が限られている」と伝えることで、“自分自身の力ではどうにもならない問題を解決するための転職”であることをアピールでき、採用担当者の理解を得られる内容となっています。伝え方によっては「努力不足」「ないものねだり」という印象を与えてしまうこともあるため、どのように伝えるべきか事前に考えておくのがオススメです。

 

4.まとめ

看護師の転職理由ランキングと、転職理由の上手な伝え方についての記事をご覧になって、いかがでしたか?

看護師は資格職のため、比較的転職しやすいというメリットがある反面、ハードワークやブラックな職場も多い傾向にあります。

その中で大切になってくるのは、看護師として働くみなさんの転職への考え方ではないでしょうか?職種や働き方が豊富な分、ご自身に合った仕事を見極めることがとても大切です。私生活や心身の健康を守りながら、看護師としても活躍し続けられるよう、上手に転職活動を行うのが理想ですね。

ヤクマッチ看護師では、求職者さまの仕事の悩みに寄り添いつつ、キャリアプランやライフプランを踏まえたお仕事のご紹介をさせていただいています。転職を検討しているという看護師の方は、弊社キャリアコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか?ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

 

看護師の転職に関して、参考になる情報が多岐に渡って公開されている、以下の様なサイトもあるので、参考にしてみるのも良いと思います。
看護師転職の悩み解決!ナースが教える求人サイトの徹底活用術 ココナス
・看護師が前に進むきっかけを見つけられる HOP!ナビ看護師

    →HOP!ナビ看護師:看護師の転職サイトを徹底比較
 

登録完了まで1分 無料で会員登録する