職場でのチームワークを高める方法

業務に優先順位をつけよう

看護の現場では、優先順位の決定を誤ると患者さんに迷惑をかけたり、処置の遅れが患者さんの命に関わることもあります。そのため、重要度・緊急度を考慮して優先順位をつけ、円滑に業務を遂行することが重要です。

優先順位を考えて行動すれば、複数の業務を抱えたり、急な仕事が入った場合でもスムーズに行動することができます。

また、優先順位の決め方を後輩にも共有しておけば、一人ひとりの看護師が正しく判断して計画的に仕事を進めることができます。新人看護師の場合、正しい優先順位を決めることは簡単なことではありませんが、先輩の行動を参考にしたり、プリセプターに助言を貰いながら実践していきましょう。

情報共有を徹底しよう

情報共有はチームワークに不可欠です。情報共有をしっかりと行い、他の看護師の行動を把握できていれば、何か問題があった時にサポートできます。チームの中で、自分が何をすべきかを理解していれば、効率良く仕事を進めることができます。

また、チームワークを高めるには、間違った行為に対してお互い指摘し合える環境であることも大切です。上下関係にこだわりすぎず、上司にも指摘できるような関係だと良いでしょう。コミュニケーションがまともにとれないようなチームでは、情報共有もしにくく、それがミスにもつながり、患者さんに迷惑をかけてしまいます。

一人ひとりを名前で呼び合おう

信頼関係を築くために、相手を名前で呼んでみましょう。患者さんや一緒に働く看護師はもちろんのこと、他職種のスタッフも名前で呼ぶことが大事です。名前で呼ぶことは、相手を尊重する気持ちを伝える手段でもあり、信頼関係を構築する上でとても重要であると言えます。

最初から良いチームワークを発揮できなくても問題ありません。時間をかけて信頼関係を築き、お互いを支え合い仕事をしていく中で、チームワークを構築していきましょう。チームのメンバー一人ひとりがお互いを名前で呼ぶのを意識することで、チームワークを向上させることができます。

登録完了まで1分 無料で会員登録する