助産師の収入ってどれくらい?

助産師は、看護師だけがなることができる職業です。出産のサポートを行う非常にやりがいのある仕事ですが、助産師の年収はどのくらいで、どのような働き方があるのでしょうか?

助産師とは

助産師は病院やクリニック、助産所などで、出産に立ち会って妊婦さんのケアを行う職業です。また、妊婦さんの健康管理や生活指導、出産後の乳児指導なども行います。

助産師が単独で助産行為を行えるのは、母子ともに問題のない正常分娩のみであるため、助産師の勤務先は医師がいる病院が最も多くなっています。

助産師になるには、看護師資格に加えて助産師資格が必要です。助産師資格は助産師学校で1年以上学び、助産師国家試験に合格した看護師が取得できます。看護師は男性でもなれますが、助産師は女性しかなることができません。

助産師の年収

助産師は高収入の職業であり、厚生労働省によると、その平均年収は515万円です。なぜ助産師の給料が高いかというと、需要が高い仕事であるにもかかわらず、人手が不足気味だからです。また産婦人科医の減少に伴って、助産師の活躍のフィールドが広がり、需要はさらに高まっています。

助産師は単独で助産行為を行えませんが、産婦人科医にかわって妊婦健診を行う助産師外来や、産前、産後のケアなど、助産師の仕事の幅は広がりを見せています。日本の出生率は低下傾向にありますが、今後も助産師の需要は安定して高いと言われており、給料も高水準をキープするでしょう。

開業助産師

助産師は看護系の仕事の中で、開業することができる唯一の職業です。産婦人科医が不足しているため、以前と比較して開業する助産師は増えてきています。では、開業助産師の年収はどのくらいなのでしょうか。病院で働く助産師の年収は500万円くらいと言われていますが、開業助産師であれば、それ以上の年収を得ることができます。経営がうまくいけば、年収1000万円も可能です。

開業助産師は高収入を実現できる仕事ですが、開業には様々なリスクが伴います。開業資金をどのくらい借り入れることができるのか、助産師を何人雇うことができるのか、妊婦さんがどのくらい集まるのかなど、経営を左右する要素について検討を重ねる必要があります。また開業にあたっては、何かあったときに対応してくれる担当医師を決めておかなければなりません。

キャリアアドバイザー 柏木

登録完了まで1分 無料で会員登録する